軽自動車、一時抹消登録の手続き

軽自動車の自動車税は、長期の病気入院や海外赴任、長期海外出張などの理由で長い間、自分の車を使用しない場合であっても、車の所有者が納めなければならない税金となっています。
しかし、ご自身で、または、東京及び東京近郊で廃車の買取や手続きを代行している業者へ依頼することで、軽自動車の一時抹消登録の手続きが完了し、自動車税の支払いを止めることができ、それが、一時的に車を廃車の状態にする軽自動車の一時抹消登録といいます。

※ご注意
抹消しようとしている軽自動車にローン料金が残っている場合には、一時抹消登録の手続きを行うことが出来ませんのでご注意ください。
軽自動車のローン料金が残っているうちは、ほとんどの場合、車の所有者が自動車販売店やクレジットローン会社になっているため、自動車のローン残金を返済し、所有権解除の手続きを行う必要があります。

永久抹消登録と一時抹消登録の違いは、廃車登録後に再度、車を使用するのかしないのかです。永久抹消登録は法律的に永久抹消することで、再登録手続きができないのでご注意ください。
「いつか、また、この車に乗るかな」「今、東京なのでここ数年は乗らないが、地方に行ったらまた乗ろうと考えている」と迷っている方は、一時抹消登録がおすすめです。

軽自動車、一時抹消登録の仕方

軽自動車を一時抹消登録する【廃車手続きに必要な書類】

軽自動車を一時抹消登録するには、以下の書類が必要です。
必要項目を記入して、管轄の軽自動車協会へ申請手続きをしてください。

  1. 車検証
  2. ナンバープレート
  3. 印鑑証明書
  4. 実印
  5. 自動車取得税申告書(自動車税事務所で取得できます)
  6. 軽自動車税申告書(自動車税事務所で取得できます)
  7. 申請書

※ご注意

  1. 軽自動車を一時抹消登録する場合、所有者の方が行けない場合は、委任状が必要となります。
    委任状(軽自動車の場合)のダウンロード[PDF]

軽自動車を一時抹消登録する【廃車手続きの流れ】

STEP.1 STEP.2 STEP.3
ナンバープレートを車から取外します。 軽自動車協会に必要書類とナンバープレートを持参します。 軽自動車協会で、一時抹消登録を伝えます。ナンバープレートを渡し、一時抹消手続きに必要な書類に記入します。(事務所には記入サンプルがあります)
STEP.4 STEP.5 STEP.6
手数料印紙を貼り付け、書類を窓口へ提出します。 窓口で一時抹消登録証明書を受け取ります。 東京及び東京近郊、管轄の自動車税事務所で、自動車税の手続きを行います。

上記申請手続きをすることで、来年からの軽自動車税の支払いを止めることができ、これで、軽自動車税納付通知書が送られてくることはありません。
但し、軽自動車の場合は、年税ですので抹消時に月割りで税金が戻る事はありません。
軽自動車協会での手続きが終り、自賠責保険の有効期間が残っていれば、保険会社に連絡して払い戻し手続きを行い、その期間に応じて自賠責保険料が戻ってきますので、お忘れなく手続きして下さい。

軽自動車の「廃車の続きは面倒だな」と思った方は

廃車の費用をかけず、自分で廃車の手続きをするには、手続きに要する時間や、当サイトでご紹介した情報を最低限覚えなければいけないでしょう。
「近くの運輸局(陸運局)ってどこ?」
「管轄の自動車税事務所って?」
「廃車の手続きは面倒だな」
と思った方は、東京及び東京近郊で廃車の手続き代行や車を廃車として買取、引き取りしてくれる業者にお願いすると、いろいろと面倒な手続きがございませんので、下記の会社へお気軽にメールでお見積を依頼しましょう。

車の価値を知るために、お見積りをしてみましょう!

◎ここから以下の内容は全国ネットワークで営業展開している、車の買取りや廃車の引取り、自動車の廃車手続きや廃車の処分ができる会社をまとめたコンテンツです。
ご自分の愛車を「中古車として売りたい方」「廃車にしたい方」「車買取の会社にすべてお任せして依頼したい方」など、専門業者へメールでお見積り依頼して、愛車の現在価値と廃車料金を確認して最適な選択をしましょう。

◆全国展開の廃車ドットコムの車買取◆
廃車買取りサービス【廃車ドットコム】の新規査定お見積りサービスで、愛車の廃車買取り価格を、地元の業者と全国で展開している会社へお見積り依頼して、料金の確認することをお勧めいたします。
お車の廃車買取実績、全国で10万台以上の廃車買取り専門サイト。この機会に以下のバナーをクリックして廃車ドットコムにお見積りを依頼して車の買取金額を確認してみましょう。

◆全国展開の廃車ひきとり110番の車買取◆
廃車ひきとり110番は、中古車買取店が引き取りや買取りができなかったり、自動車ディーラーがお値段をつけれらないお車、車検切れなどで移動できなくなったお車など、陸運局での登録料無料、ご自宅までの引き取り料無料で愛車を引き取ってくれます。
そして、お車の車検が残っている場合は、車両代のほかに自賠責などの返戻金も買い取ってくれるので、お客様に大変喜ばれています。
一般的な買取店やディーラーでは、この返戻金なども買取り代金に含まれたり、また、登録料なども別途請求されることから、実質お車のお買取り金額が無料ということも多くあります。
廃車ひきとり110番が買取りできるのは、自社グループ会社で自動車リサイクル工場を所有していること、そのつながりから全国ネットワークで、自動車部品や車体の再利用、中古部品としてリサイクル、海外貿易などの多彩な販路を持っているため、それらを可能にしています。
まずは、お気軽に以下のバナーをクリックして、廃車ひきとり110番にお見積りを依頼して車の買取金額を確認してみましょう。

◆リクルートが運営カーセンサーnetの車買取◆
中古車の情報誌カーセンサーのwebサイト『カーセンサーnet』は、リクルートが運営するクルマ総合情報サイトです。
【カーセンサーnet魅力】
(1)中古車物件の掲載台数が全国完全網羅で26万台以上となっています。
(2)ホームページ利用者が検索しやすい機能が満載で、中古車の相場情報も充実しています。
(3)3分程度の入力作業、ネットを利用してその人にぴったりの一台が見つかるはずです。
(4)カーセンサーにしか掲載していない中古車の買取店もあるので、一番高く買い取ってくれるお店が探しやすい。
これらがカーセンサーnetの特徴となっています。この機会に以下のバナーをクリックしてリクルートが運営するカーセンサーnetにお見積りを依頼して車の買取金額を確認してみましょう。

◆お車の事故車買取、タウの車買取◆
事故車買取サービス、タウのご紹介です。もし、大切な愛車が、突然の事故や故障で壊れてしまったら、アナタならどうしますか?「バンパーをこすった」「ガラスにヒビが入った」など、軽い事故ならば当然修理を選択するでしょう。しかし、「電柱にぶつかってエンジンが動かない」「追突事故でエアバッグが開いた」など、修理代が100万円を超えるヒドイ事故の場合はどうでしょうか?
多くの方は修理をあきらめて“廃車”を選択するでしょう。しかし、「タウ」ならどんなにヒドイ状態の事故車でも高価で買取って頂けるそうです。
事故車の買取で「タウ」が選ばれる5つの理由をご紹介いたします。
(1)業界最大級の実績があります。→毎日約130台、年間5万台以上の買取実績!メディア掲載実績も多数ございます。
(2)どんな事故車も高価買取いたします。→平均買取価格は約30万円。年式と事故の程度次第で100万円以上の買取が可能です。
(3)全国どこでも迅速対応いたします。→全国18支店・120名の専任スタッフが出張査定!お電話での金額提示も大丈夫です。
(4)信頼取引をお約束いたします。→初めての事故車売却もご安心。売却のお悩みは24時間相談窓口をご用意しています。
(5)手数料は全て無料です。→出張査定・車両引取など手数料は0円!お客様に頂く代金はございません。
お車、事故車の買取は以下のバナーをクリックして「タウ」にお見積を依頼して車の買取金額を確認してみましょう。

◆トラックの買取専門、トラック買取.comの車買取◆
トラック買取.comは、トラックや重機の買取専門企業としてWebを中心に多くの専門業者に利用されている会社です。買取の特徴を以下に紹介すると、
(1)日本全国完全無料出張査定(離島でもOK)
(2)買取金額、買取台数無制限
(3)即日現金買取り金額も無制限
という内容が利用者から良い評価を頂いているようです。以下のバナーをクリックしてトラック買取.comにお見積を依頼して車の買取金額を確認してみましょう。

ページの先頭へ